築10年から劣化が始まる

天井

修理とメンテナンス

雨の多くなる梅雨の時期や台風の時期になると増えてくるのが屋根の雨漏りです。雨の少ない時期は見かける事がなかった天井の隅の雨染みやカビなどが目に付くようになって、初めて雨漏りがしているのだと気付いたりします。雨漏りの原因は建物の経年劣化によるものが多いものです。瓦屋根なら瓦の下に敷かれている防水シートの破れだとか、サイディングの外壁なら防水塗装や目地のシーリングの劣化などが原因と考えられます。雨漏りは建物の躯体に悪影響を及ぼすので家屋の財産としての価値を損ない、そこに住む人の健康と快適性を脅かすので適切な雨漏り修理を施す必要があります。建物は建築後10年経つとかなりの劣化が目立ってくるものです。雨漏りの原因となるのは人の目につきにくい屋根や外壁部分ですから、建築後10年を経た家は雨の時期の前に一度、雨漏り修理を行っている専門業者に点検をしてもらう事をおすすめします。屋根や外壁などの高所作業となり危険性が高い作業なので、雨漏り修理の費用を惜しんで自力で直す事はやらない方がいいでしょう。建物の天井や壁などに雨染みやカビなどが出ると雨漏りと気付きますが、怖いのは部屋の壁や天井の表面などにそうした雨漏りのサインが出ず、目に見えない箇所で雨漏りが発生しているケースです。外壁の内部に水が浸入して外壁のモルタルが浮いたり、建物の土台部分に水が溜まったりなどして、最悪の場合、構造部材の腐れやシロアリ発生の原因ともなります。そうなると補修や改修の費用は雨漏り修理の比ではないくらいに膨れ上がりますので、見た目は何とも無くても築年数が経た建物は定期的なメンテナンスが求められます。